薄毛予防に必要な事

薄毛予防に必要な事を紹介するサイトです。 - お酒と薄毛

お酒と薄毛

お酒は飲んだ後は血行を良くしますし、気分が大らかになるのでストレス解消にもつながります。

血行が良くなると、それだけ頭皮に栄養が行きやすくなるので、その点では髪に良いと言えるでしょう。
しかし飲み過ぎると肝臓に負担がかかってしまいます。

肝臓には髪のたんぱく質を生成する働きもあるので、肝臓に負担をかけると髪の成長を妨げて薄毛、抜け毛の減少を引き起こす可能性があります。

そして、このままお酒を飲みすぎていると肝臓自体が徐々に硬くなります。

このような状態になることを肝硬変と言います。

また、中性脂肪やコレステロールも溜まるので、血液がドロドロの状態になってしまいます。
ただでさえ、肝硬変で血液の流れが悪くなっているのに、中性脂肪やコレステロールで、ドロドロ血になることで、さらなる血液の流れの悪化が進行してしまい、薄毛・抜け毛の現象が目立つようになることもあります。

つまり、お酒の飲み過ぎは、髪のたんぱく質生成を妨げます。
さらに肝硬変になると肝臓が圧迫されてしまい、血管も収縮して中性脂肪やコレステロールでドロドロ血になります。さらに血液の流れが悪くなり、抜け毛を進行させてしまうので薄毛の予防にはつながりません。

そんな時にオススメするのが薬用育毛剤 通販で薄毛や抜け毛が一気に解消できる事でしょう。

お酒好きな人は要注意!薄毛とアルコールの関係性

適量のアルコールは血行を良くしたりストレスを解消したりとメリットもあるのですが、お酒の飲み過ぎは健康にもあまり良くありません。しかも、薄毛の原因にもなってしまうということは、あまり多くの人に知られていない事実です。

なぜお酒を飲むことが薄毛に繋がってしまうのか

体内に取り込まれたアルコールは肝臓で分解され、「アセトアルデヒド」という毒性を持った物質が生成されます。この物質を体の中で退治するために、髪の毛にとって大切な成分であるアミノ酸やビタミンを大量に消費してしまうのです。結果、髪に十分な栄養が行き届かなくなり、抜け毛の原因となってしまいます。

また、アセトアルデヒドには眠りを妨げるといった効果もあります。睡眠が浅くなると発毛のためのサイクルが乱れ、薄毛の要因となる男性ホルモンが増加してしまいます。他にも血行不良や自律神経に乱れを引き起こしたりと、悪影響はさまざまです。

適度な量のお酒であれば、抜け毛にとって大敵のストレスを和らげたり血流を良くしたりすることができます。飲む側が過剰にアルコールを摂取してしまうことに問題があるのです。年を取ってから後悔してしまう前に、正しい飲み方と知識を身に付けておきましょう。